fc2ブログ

出口なし

 『役者は下手なほうがいい』竹中直人(NHK出版新書)を読んだら、リドリースコット監督作品「ブレードランナー」が大好きだったらしく、僕も触発されて見直した。遠い記憶にも印象に残ってたシーンは覚えてるもので、改めて見ても新鮮そのものでした。監督の作品ではなんといっても、「ブラックレイン」です。僕の大好きな映画ベスト3にはいるやつです。共通してるのは、独特の雰囲気を醸し出してる世界観とひと時代前の日本が好きなんだろうなと思わせる和の描写をとりいれてるとこ。
 ”いいもの”はいつになっても色褪せないです。
そして、久々新日本プロレスの話。毎年春にやってるナンバーワンを決めるトーナメントで、見事柴田勝頼選手が初優勝しました。新日に戻って来てから、今年所属選手となりついにIWGPのベルトに挑戦することが決まりました。場所は両国!
   行きたい!!!そして勝ってほしい。以上!

 
スポンサーサイト



 熱い仲間がいる

 先日、我が家に昔からの芝居仲間が集まった。同世代の本物の仲間である。龍坐・カゴシマジロー(二人はトラッシュマスターズ)・ロッキー。彼らが頑張ってるから、自分も続けてられる。間違いなく。”ライバル”だから。
 
 トラッシュで初期は僕もずっと参加していました。あの頃は兎に角芝居の世界のことなんて、なんも知らないから自分達で面白いと思うことを夢中でやってました。それから僕個人でも生き方の処世術なんて知りもしなかったから、劇団内の人間関係とか小さなことで離れていきました。勿論事情があったし、もう一度”大きくなって”呼んでもらうという野望があって。。
  
あれから、トラッシュは作演の中津留氏の才能がどんどん知られていき、劇団も今では大きな劇場でばかりやる実力劇団になりました。タラ・レバを使っていいなら劇団員になってたら・・今頃は・・という事は考えます。でも、敢えて僕は断りました。劇団員でなく個人の俳優として力をつけて、有名になると決めてたから。

 その言葉に偽りは全くなく、プロレスに例えれば一つの団体で試合をするのではなく、あらゆる団体、総合格闘技などでいろいろな経験を積むことにより、幅を広げるということを目指してやり続けてきました。

 それをこの前、話しました。遠回りというかアウトローというか、営業下手というか言われようはいくらでもあるけど、生き残ってきてるんです。トラッシュの二人からは、熱い芝居をもう一度僕とやりたいと言ってもらいました。そう言ってもらえてるうちが華。

 でも、ほんともう一度彼らとなら『熱い芝居』がやれる自信あります。ぶつけられる仲間だから。そして、出会ってるという条件を満たしてるから。

 心を確認できたこと・・あの日は大事な日になりました。

う〜んショック。

 さてさてバックドアさんの公演から一週間経ち、感傷的な気持ちも薄れてきました。既に、また乗馬に行ってきました。雨天の中焦る気持ちで3鞍やってきました。調子にのってベーシック障害という障害の基礎クラスも習いだしてるんですが、けちょんけちょんに呆れられてしまいました。今までなにしてきたんだというやつです。全く馬に嘗められて、いうことを聞かすレベルではありませんでした。
 先生はフォローのつもりで、ここまで教えて来たうちの講師がいけないんで・・と言ったが、そんなことはどうでもいい。もう2年間も高い月謝払ってきたのに、そんな無責任な先生方のせいで、いつまでも卒業させてもらえないかということなら、詐欺だ!
 ちゃんと指摘してくれる先生もいる。いい先生にびっしり教えてもらわないといつまでたっても、趣味でのんびりやっている高齢の生徒と同じ扱いになってしまう。いつまでもやってるほどの余裕なんてこれっぽっちもない自分なんだから。

 あきれられたけど、センスはあると言っては貰えたのが救い。終わり際に「ショックです」と先生に言ったら、「しっかり教えますんでまたきてください」と返してくれた。上手くなりたいという気持ちがでてこないと、なんでもそうだが上達なんかしない。お金あるうちにまた集中してやる!!

 久々のセンチ

 早いです。演劇集団バックドア第二回公演『自慢の男』終わってしまいました。凄い勢いでチケット完売するという有り難い経験させてもらいました。毎公演満席。やっぱり気持ちいいです。というのも、主宰の渡邊紘平氏の力だと実感。引っ張っていく人間というのはこういう方のことなんだと学ぶこと、感心させられることばかりでした。作演さんや主宰さんよりも今回は最年長という立場での出演・・今後はもっとそういうことが違う現場でもあるでしょう。
 終わり頃になって仲良くなってくるのが劇団のパターンですが、今回はみんな最初からSNSなどを駆使してコミニュケーションとってました。だから、僕なんかはその熱に戸惑いながらの日々でした。”剛に入れば郷に従え”でした。役者は孤独です。でも、受け入れることは受け入れていかないと、置いていかれる・・。

 楽日の打ち上げ楽しかった。終わってひとり、苦痛でした。仲良くなった分だけ寂しさも比例する。時がまた解決する。その繰り返しなだけ。次の仕事が入れば、気持ちは切り替わっていく。今は、打ち込む次が習い事やらだからツライ。
 今回の出演で、裏では大き過ぎる代償もあった。自分の将来にかかわることと言ってもいいくらい。不運で片付けるより、「あの時バックドアに出演したから、良かった!」と言える日が近々くることを願うしか無い。

 そうしないとやりきれない・・んです。”何か”を持って帰ってこなければダメなんだ、なんとしても。

 改めてありがとうございました。
プロフィール

agotonio

Author:agotonio
1973年、埼玉浦和生まれ、AB型。
故俳優蟹江敬三氏を追い続けている。イッセー尾形氏のひとり芝居にあこがれ農大劇研で芝居を始めた。トムプロジェクトの養成所に入り、人生の指針が動きだした。
新日本プロレスをこよなく愛す。
俳優。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR