fc2ブログ

ひざと○○と私

 台風がくる前にと高尾山に行ってきました。僕にとってはハイキング気分はありません。いつものように急坂をいきなり走り続けなくてはならないことを考えると、朝起きて今日行こうかまず迷います。そこで、闘志を燃やさなければなりません。すると、さっきまでの迷いは消えて、いざ出発!!である。高尾山に着くと、夏休みも終わりな時期だけにこの前より人は少なめ。
 さて、走り始めて最初の感覚で今日のコンディションがわかるのですが、なんとなく下をずっとみながら走ってたら、いつもきつくなるとこも淡々と通過してたので、ずっと下見て走ってました。ポイントポイントまでそのほうが楽でした。”辛い時は上を向こう”より”辛くなる前に下を見よう”が登山では有効です。前ばかり見てても先は長い、それより、目の前を見てたほうがいつの間にかこんなに進んでたんだ!!と実感します。人生も一緒だと思います。これ以上.は前にもブログで述べたので。
 行きはハードで下山はのんびりなんですが、ただ降りるのも勿体ないのでいつも人が歩いてないのを見計らって発声の練習しながら歩いてます。芝居に絡んでるときは台詞をひたすらしゃべりますが、今は絡んでないので弱点強化とでもいうか、胆殿から音を出す訓練をしてます。ひたすら笑い続けるとか、「あ」の音を腹から意識的に出すことなど。たまに曲がり角から人がでてきたりするときはかなり恥ずかしい。たまにいる気違いの登山者と思ってもらえばいいとわりきります。で、今日も警戒しながら歩いてて、ふと後ろに人来てないかと振り向きいないのを確認して前を見た瞬間、目の前をニシキヘビがクネリクネリと横切って行きました。流石に驚きました。高尾山トレーニングももうすぐ2年経ちますが、初めて山の獣に遭遇しました。と、言っても元々彼らのホームグランドであり、いつ出会ってもおかしくないことを考えると改めて山歩きは自分との闘いだけだはないような気にもなった。山ガールとか流行ってるけど、はやりに流されて来るのもどうかと思う。
 ひとつ今日は発見がありました。下山中にはいつも膝が曲げられない程の苦痛が襲ってくる毎回、今日もやってきたのですが色々痛くならない歩き方はないかと試してたら、あったんです!岩場の下りはどうしても膝にブレーキをかけて歩幅も小さくなるんですが、そこを短い足ですが大股で歩いてみると苦痛が消えるんです。偶然かと思いましたが、大股から小股にかえると痛くなる。膝への負担がこんな変わるものなのかとまたひとつ得した気分になりました。ただ大股で歩くのも危険なんで使い分けが必要でしょうが。
 狭い山道をめちゃくちゃ優しい笑顔のおばさんとすれ違いながら変な想像を起こしました。それは、すれ違う登山者をそのおばちゃんが次から次へと崖に突き落として通り過ぎていく光景・・・。獣も怖いが、人も怖い。
 山をナメてはいけない。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

agotonio

Author:agotonio
1973年、埼玉浦和生まれ、AB型。
故俳優蟹江敬三氏を追い続けている。イッセー尾形氏のひとり芝居にあこがれ農大劇研で芝居を始めた。トムプロジェクトの養成所に入り、人生の指針が動きだした。
新日本プロレスをこよなく愛す。
俳優。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR