fc2ブログ

追い求めるけど求めない

 今回のジーパンズはダブルキャスト版なので、稽古も交代の一日おきとかでモチベーションの維持が難しいです。劇場入り1週間前になりやっとおしりに火がついて来た感じです。おかげさまで日曜日の公演が既にチケット売れ切れまして、逆にこれから日曜日に来ようとしている方がいたら申し訳ない限りです。
 超訳吉田松陰/覚悟の磨き方という本を読みました。かなり刺激頂きました。その中でも”信じて疑わない”「私は人を疑い続けて、うまくやるよりも、人を信じ続けて、馬鹿を見る男になりたい。」・・こころあたりがあります。確かにそうだなと。以前バイトしてたとこにいた社員さんでバイタリティーに溢れたGさんとの出会いはまさにそれでした。まあ〜濃密というか振り回され、振り回した関係とでもいうか。仕事への取り組み方、人との関わり方などおおいに教育されました。30過ぎてたけどよく殴られましたし。一緒にいるとそれが正しいか正しくないかよりGさんが言う事だから”やっとこう”となり振り返ると馬鹿をみたなと。でもあのときはGさんを信じて自分もよかれと思ってやってたからなんの躊躇もなく夢中でした。傷つくより気持ちいいというやつです。
 結果的にGさんはみんなの前から消えて連絡もとれず、今はどこで何してるのかは知りません。そういう人なのです。今の初台に引っ越すきっかけもGさんの「都心に出て勝負しないとダメだ!」と言われて出て来たんですけど、今考えるとバイト先があった渋谷に僕をすぐ呼びだせるからだったのかなとか考えたりもしますが。他にも色々。もうGさんに会うことはないのかな〜。
 さて、今週の週刊ポストに先日お亡くなりになった俳優夏八木勲さんのインタビュー記事が載ってました。俳優なら読んどいて損は無い事書いてあります。当然購入しました。夏八木さんも尊敬する俳優さんでした。お亡くなりになられるちょっと前に『黄金の犬』という主演されてた映画をみたばかりでした。お亡くなりになられても僕は目指さしていただきます。
 僕のひとり芝居HITORIシリーズが25歳で松本さんによって実現させてもらい、翌年HITORI2、そして2000年、会場をおさえチラシも刷ってたのに実現できなかった野呂淘汰脚本演出のHITORI3・・・あれから13年経った今年、HITORI4実現に向かい進んでます・・・・
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

agotonio

Author:agotonio
1973年、埼玉浦和生まれ、AB型。
故俳優蟹江敬三氏を追い続けている。イッセー尾形氏のひとり芝居にあこがれ農大劇研で芝居を始めた。トムプロジェクトの養成所に入り、人生の指針が動きだした。
新日本プロレスをこよなく愛す。
俳優。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR